2021年度青少年事業 漁船に乗って考える私たちのまちづくり

地域社会の問題に青少年が当事者意識を持つことのできる場を提供するべく、青少年が主権者意識を持つための第一歩として、まずは自分の住んでいるまちの問題を身近に感じ、自分なりに課題を見出し、解決策について意見を表明することによって課題を解決する資質・能力を身に付けることを目的とした青少年事業を企画した。

船橋市内の小学校5・6年生及び中学生を対象とし、漁船体験を通して見えた地域の問題点をディスカッションしてもらい、それを自作のロゴマークに落とし込んでオリジナルのトートバッグを作るワークショップを行った。

定員30名としていたところ、90件近くの申し込みをいただき、千葉日報の記事にも取り上げていただくことができた。

【担当:青少年社会開発委員会】

日時:11月13日 9時00分~16時00分 (第1グループ9時00分~12時00分)(第2グループ13時00分~16時00分)

場所:船橋ボートパーク、船橋市漁業協同組合事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です